今回は為替市場についての基本的要因のエピソードです。76-3-9

為替相場は「直にキャッシュの送金をすることなく資金のやり取りの望みを果たすやり取り」になります。76-13-9

普段為替の市場とはおおかた外国為替について示す場合が多いのです。76-16-9

外国の為替を簡潔にいうと二国間の貨幣の換金を示します。76-18-9

他の国へ旅行(スペイン、韓国、ベトナム、アメリカなど)などした経験があるならば、ほとんどの方が外国為替のやり取りをしたことがあると思います。76-4-9

近くの銀行で他国の金銭に交換したのであれば、それは国際の為替にあたります。76-2-9

為替レートは買おうと思っている人と売り手の値を指したものです。76-7-9

銀行間の取引の末に決まります。76-17-9

それがマーケットメイカーと言われる世界のいくつかの銀行です。76-5-9

為替の相場は周辺からの見えない力を受けて休まず徐々に変動して行きます。76-10-9

為替のレートを変動させるきっかけとしては、ファンダメンタルズというのが言われます。

ファンダメンタルズとは何かと言うと、経済のゆくえ、経済のベースや様々な要素のことを表します。

国ごとのGDP成長率や経済指数、物価水準、金融緩和政策、国際収支、有力者の一言と言う要素が影響して為替のレートは変わって行きます。

ことさら国際収支統計や失業者の割合は影響が大きいと思われます。

経常収支とは何か、財務省の命令で中央銀行(日本銀行)貿易統計を基にして集計した異国との一定期間の売買を書き記したものです。

この統計は中央省庁や日本銀行のHP等で確認できます。

就労者の統計、失業者数も影響を与えるケースが多い要因であると言います。

とりわけアメリカの就業者の統計は重要となります。

月に一度公示され、リサーチの対象がワイドなのが特徴です。

為替相場の動きはその国の経済の推移と言えるでしょう。

その国の経済の変動を把握することによって為替のレートの状況の先読みが可能と言うことです。