ついに始める時という場面では第一に準備をサボってはいけません。http://www.scf.jp/

トレードを始める前であれば出来事を客観的に調査する事ができるゆとりがあります。

しかし、一回市場の中に踏み込んでしまうと何をしても受け取り方が独りよがりになり、往々にして真っ当な状況がわからなくなる可能性があります。

それだけに己の落ち着いている状況で、準備する事が不可欠です。

”事前準備”するためには、とにかくあなたの台本を作成する事から開始します。

明日からの投資環境は上がる(または下がる)からこの通貨を取引するみたいに、脚本を書いていきます。

その次はローソク足チャートをチェックする事です。

これまでのマーケットの値動きを確認して現在のチャートを確認します。

そうすれば、「現時点では割りに低すぎる状況になっている」もしくは「大多数の方々が仕かけているから、これから先自分が取引してもやりようがない」などと見えてきます。

当たり前ですがもはやエントリーするのがやりようがないと考えたら、売買しないで、そこはきっぱりと割り切ることが大切です。

どうやってもあなたの筋書きを押し通そうとして取引すると外国為替市場にやられて、反対に為替差損を受けることになりかねない。

とは言うものの多くの状況で、事前に準備している自分自身の脚本を書いておくと売買がやりようがないということにはなりません。

たぶん、リアルに為替相場が上げ下げする前のはずだからです。

その次に自分自身が売買しようとする通貨の上下動をきちんと調べる事が必要です。

仮に円安が進むだろうというストーリー展開を作ったのであればその通貨の上下動に用心しておきます。

外国為替市場の上げ下げを注視し始めた場面では、まだその外貨は大きく推移する素振りを見せず小幅な変化を繰り返しているだけだろう。

だけど、その変化を見ていると、ある地点でじわじわとドル高へと動き始めてくる。

この状況で、ドルの取引します。

念入りに準備をやっておけば、その取引で勝てる率は結構高くなります。