商店で一切の契約カードが使用可能なのでもありません。

:クレジットカードの加盟店は多くはたくさんのクレジットカードブランドに加盟していますがいかんせん一切のショップで一切の契約カードが使用できるのでもありません。

例をあげれば昔からある加盟店の場合にはJCBの入ったクレカしか使用不可な場合もあるし、最近できた加盟店の場合だとVISA、マスターカード印の書いたクレカしか使えない場面もあるでしょう。

銀聯といったクレカ会社なら、いっそう使用できない場面が増えるんじゃないでしょうか。

どのカードが決済できるかをどのように見分けるといいものか「だったらどうやってどのブランドのクレジットカードが決済できるかを判断すると良いのか?」という質問だけど、ちゃんと判断するのにはショップの担当者にお見せしてみるのみしかないていうのが正直ながらその回答です。

でも大部分の売り場や料亭にはその見えるスペースに使えるクレジットカードのブランドがプリントされている認証マークがあることから、「そうなんだこの店はアメリカンエキスプレスカードが決済可能なんですね」といったことが分かりやすいようになってるため頭に入れておいてもらえると思います。

いっぽうで、細かく加入管理が出来ていないお店の場合には、ロゴシールが掲示されているのに「当店ではご使用のクレカはご使用いただけません」などという答えをもらうなどという状況もあるため、あたふたしてしまうことだけは避けたいところです。

お勧めとしては可能な限りはより多くの加入店でクレジットカードが決済できるようにしようとすると別のブランド(海外印)が書かれている一般的なビザカードMasterCard、JCB、ダイナーズというようなカードを複数使えるようにしておくようにしたほうがよいと思います(例えば:セゾンカードを契約しているならMasterCard付帯のカードを財布に入れておくほか)。

海外に出ないならVISA、マスターカード、JCBの3つの契約が入ったクレカをその都度使っていれば、よほどのことがない限りすべての契約店で3枚のうち少なくとも1枚のカードを使用する機会があります。

クレカを活用して効率的にスマートな支払いを目指すならば別々のカードを使えるようにしておいてほしいとおもいます。