間接クレジットカード使用の手法はたやすいです。クレジットを経由して直接取引できない販売品をダイレクトに購入するという方法ではなく、遠まわしに使って買い取りすればよりよいでしょう。文章が明快な事により第一に券のたとえを用いて述べてみたいと思っています。とある男性が一流の財布を購入したいとそれを見ているとします。服を売りに出している店舗では買いたくてもカード払いが許されていません。しかしながらAmerican Express、Diners clubなどの商品券を使用すれば支払う事を承諾してくれるようなのです。なので若者はクレジットカードでギフト券を注文した後でギフト券を売っている場所に訪ねクレジットを用いてVISA、MasterCard、NICOSなどののギフト券を買い取りしました。そのあと用いたカードを用いて注文したVISA、MasterCard、NICOSなどの金券をショップに所持しておもむき欲しかった有名な財布を購入したとします。「なぜ金券で購入した個人はそうした面倒くさい手続きをしているの?」と疑問に思うのかもしれませんが、説明した方法を使用することでだと得られる事はないカードポイントが手に入れられます。普通、現金を支払ってブランドコートを購入したりした時はカードポイントは得られませんし、JCB、American Express、Diners clubなどののギフト券を金で購入後に使ってもクレジットポイントは貯まりません。しかし解説した例だとDiners clubなどの商品券をクレジットで取り寄せしたので価値のあるバックを買ったときと同じような数のカードポイントがゲットできるようになるのです。こういう例が間接的にクレジットを使ったことという根拠により直接商品を買うのでないクレジットと名づけられた進め方です。